小沼ようすけ @ 神戸cafe Fish!

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • twitter

小沼ようすけ Acoustic guitar solo
“Memory of Beautifulday”tour 2008
@神戸cafe Fish!
小沼ようすけ
http://www.heartmusic.co.jp/YosukeOnuma/
http://onumayosuke.cocolog-nifty.com/
HOSHI NO SUMIKA maki
http://www.hoshism.com/html/home.htm
cafe Fish!
http://www.cafe-fish.com/

最高でした。めちゃめちゃ楽しみにしていたライブ、
神戸の海と音楽を楽しんできました!
充分に神戸の港を楽しんで、午後6時半、
ジャズギターリスト 小沼ようすけ氏のライブのある会場、
cafe Fish! に到着!
私がジャズギターリスト小沼ようすけを認知したのは、
運命だったのか、彼のブログを見つけたのがきっかけでした。
CDやメディアを通じて全く曲を聴いた事もなかったんです。
ギターリストである事、彼がブログで発信する言葉のひとつひとつが、
私の感性に共感を抱かせたのです。キーワードは、ギターと自然。
私が日々思ってる事、感じている事、こう生きて生きたい、こう思って生きたいって事を、
代弁してるかのような記事が多く共感し、虜になってしまいました。
そんな訳で関西でのライブを心待ちにしておりました。
19時に開場され、陣取れた席は、なんと、一番前の席といいますか小沼氏の目の前でしたよ。
表情もギタープレイもめちゃめちゃ見える位置で最高でした。
ビールを片手に(笑)
ライブスタート前、小沼氏とトイレでばったり会ってしまいました!びっくり!
素敵なハットと、ただならぬオーラと、不敵な笑みを浮かべ、トイレから出てきました!
かっちょぇぇぇ!
日本ジャズ界、人気NO.1天才ギタリストとのリアルな出会いは、
ステージでもなくて、トイレでした!うぉぉぉぉぉぉぉぉ!
全国ツアーの真っ最中、
中・小のホールから、こじんまりとしたカフェ、バーなどを巡られているそう。
尊敬する人を身近に感じれて庶民として嬉しいです。

ステージが始まった。目をつむって気持ちよく演奏する姿がとても印象的。
キモチよさそうだ~。
自然、特に海との対話から産まれた楽曲達を、ギター1本で表現しておりました!
小沼氏は東北出身なのですが、海に惚れサーフィンをたしなみ、
こんがり黒く焼けた肌と南国風な容姿に、こりゃまたイケメンで、尊敬尊敬でございます!
海の似合う男だな~。
ファッションセンスを見習いたい、勿論ギターも。
ライブ中でもサンダルで、かなり好感が持てました!
私もいつも夏はずっとサンダルですよ(笑)
やっぱコピー曲のレパートリーも半端じゃないよ!
その場その場の耳コピでもさっと演奏しちゃう!凄いです!
コラボレーションといえば、今日は、小沼氏のライブと同時に、
神戸のカリスマイラストレーター【HOSHI NO SUMIKA maki】さんの
ライブペインティングもありました!
官能的なドレスを身にまとい、ライブ中イラストを描かれておりました!
予想外に長時間のライブでした。
海のかおりと素晴らしいリラックス空間、上質なジャズギターソロ、音楽とアート、
時間を忘れて楽しめました。最高!
小沼氏の考え方、生き方、言葉のひとつひとつが、
私の生き方に繋がる感じです。超尊敬でございます!
人も自然と一緒、自然に身を投じ、日々の生活から自然体を心がけていきたいです。
そして自然と音楽をコラボレートしていきたい。プラスαもまた素敵。
cafe Fish! というカフェ&レストランも素敵でした。今度はランチしてみたいな~。
様々なアーティストのライブをされているようです。
生音楽が聴ける、生演奏ができるカフェやレストラン、バーっていいな~。
将来的に私も憧れるな~。
海の近くっていいな~。私も住む場所は、自然のある場所、海、山、川は外せないな~。

な、なんと!CDにサインしていただけました!
そ、そして、一緒に写真を撮っていただきました!超嬉しかったです!
素人まるだしで照れくさかったですが、憧れの人と同じフィルムに写れて最高です!
握手して貰った~!うぉぉぉぉ、ギターが上手くなるかも~!
少し小話もできました(涙)
改めてギターが大好きになりました。
ギタレレ&ギター奏者として(笑)、ギターの練習に取組んでまいります。
「縁」を大切にしてる人でした。自分よりもギターが上手い人はいっぱいいる、
でもこうしてライブができる事は縁だって・・・そんな感じ。とても印象的な言葉でした。
音楽最高。小沼ようすけ、最高。これからも注目です。憧れの男です。

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

後回しにしている買物はありませんか?

KAKITABI(書旅) 著者紹介

Webメディアは人やモノ、地域に光を当てられるという想いで、色んな場所から情報を発信しています。

妻、子、プードル2匹と里山暮らし。コペン乗り。


Instagram

書き手詳細
webmobile

バックナンバー

トップページへ戻る