美與志堂(みよしどう)ラーメン@西宮市山口町

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • twitter
美與志堂(みよしどう)ラーメンは、兵庫県西宮市で1番うまいラーメンと個人的には思っています♪

オープン前からラーメン屋ができるのかーなんて言ってて、オープンしてからも前を通れど来るタイミングに恵まれなかった、西宮市山口町のラーメン屋「美與志堂(みよしどう)」にようやく来ることができました。

なかなか来れなかった訳はというと、オープン当初はスタッフがおられなくて、営業時間が定まっていたなかったってのもありました。

宝塚から国道176号線を三田方面に進み西宮山口に入ると、美與志堂(みよしどう)は反対車線にあるので、入るにはちょっと進んでUターンをしなければなりません。駐車場は5台とちょっと少なめです。

美與志堂(みよしどう)
西宮市山口町下山口5丁目17-17
078-904-1168
11:00~24:00
不定休
スポンサーリンク

西宮市山口町の国道176号線沿いは、ラーメン屋激戦区ですな。どこもこってり系?

食券を購入

雨模様でしたが、繁盛する前の11時半くらいに入店。食券を購入する訳ですが、気付かずに素通りしてしまいました(笑)
小さな券売機は初めて見ました♪

お店の外の看板などに「魚介」って書いてあって、売りなんだろうなと魚介の付いた魚介豚骨醤油ラーメンと餃子とライスを注文しました。

店内は視線の高さ

店内は視線の高さに物が無いので、すっきりとした空間です。
スタッフの女性と店のご主人?と二人がおりましたが、12時くらいに男性スタッフが一人来られました。

カウンター席13席

カウンター席13席で、テーブル席はありません。カウンター席の椅子の下には荷物を収納できる場所があって、ラーメン屋にしては洒落た発想です♪

スープの濃さと麺の硬さ

注文をスタッフさんに伝えると、スープの濃さと麺の硬さを尋ねられます。
私はいつも”普通”です(笑)
スープは、あっさりが好きなんですけど、スープが自慢のようですので、レギュラーを。ちょっと腸が弱いので、ヘビー(濃厚)は控えました(爆)
麺の硬さも普通。ラーメン、めちゃめちゃ食べて来てますけど、いつかバリカタというものを食べてみたいです(笑)

ゆでたまごとおかわり自由のネギ

サービス?のゆでたまごとおかわり自由のネギを事前にお渡しいただけました。
そして、5分もしないうちに魚介豚骨醤油ラーメン登場!うーん、見た目濃厚です!普通でも濃厚です!薄きりのチャーシューが乗っております。

淡路島の豚さん

遅れて餃子登場!淡路島の豚さんのミンチが使われているようで、特製の味噌だれで食べます。調味料がいっぱい並べられており、みよっちゃんのタレというタレを創作できるようです!

お肉もびっしり、野菜とみっちりこねてあって、食感もよく美味しく可愛らしい餃子でした。

魚介豚骨醤油ラーメン

魚介豚骨醤油ラーメンにネギとゆでたまごを投入!
チャーシューだけの殺風景なラーメンに、彩りがでてきました!個人的はバリエーション豊かに野菜が乗っているラーメンが好きですけどねw

スープの中身は、細切れのお肉だったようなお魚だったかが入っていて、なかなか他に無い感じのスープでした。私にとってはスープの濃さはギリギリセーフかな。魚介の香りがしてきてこれは良かったですねー。

麺は中麺で、スープの濃さと食べごたえがマッチしており、スープの具と麺がからみあって、とても良い食感ですすーっと食べて行けました。

あっという間に完食。でもスープは飲みきれない(笑)

近くに有名な”ほうれんそう”というラーメン屋がありますが、美與志堂(みよしどう)の方が食べれますね。ほうれんそうのラーメンは私には濃すぎてちょっとお腹痛くなるので(笑)

ラーメン激戦区西宮市山口町の美與志堂(みよしどう)ラーメン、ようやく来れましたがなかなか良かったです!こってりがお好きな方はおすすめです。もっとこってりを求める人は”ほうれんそう”へ(笑)

《2015年5月再々々々々訪》
限定ラーメン

ちょこちょこラーメンを食べに来てますが、17時からしか食べられない限定ラーメンもあります。

豚汁ラーメン」と「トマト豚骨ラーメン」です。

豚汁ラーメンは、100円追加で酒粕を入れられます。が、しかし、お酒なので運転手さんには提供できないのでご注意を。

メニューも充実

メニューも充実してきました。

替玉投入!

替玉投入!
スープまでがぶがぶ飲めます♪

大柄ですがとっても優しい店主さんが、気持ち込めてスープを作ってる美與志堂(みよしどう)です。

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

後回しにしている買物はありませんか?

KAKITABI(書旅) 著者紹介

Webメディアは人やモノ、地域に光を当てられるという想いで、色んな場所から情報を発信しています。

妻、子、プードル2匹と里山暮らし。コペン乗り。


Instagram

書き手詳細
webmobile

バックナンバー

トップページへ戻る