どこまで細部になれるだろう|森山直太朗コンサートツアー2009@大阪

  • はてなブックマーク 0
  • facebook 0
  • twitter

森山直太朗コンサートツアー2009に行って参りました。

スポンサーリンク

”どこまで細部になれるだろう”ツアー、5月の奈良公演に引き続き、大阪公演にも参加して参りました。

大阪会場は、ウエルシティ大阪(大阪厚生年金会館大ホール)。
まぁ、行きつけのバーに通う感じで気楽に音楽と空間に酔いに。人間味と。

もうほんとに心の底からリスペクトしているミュージシャンの1人です。詩人で作詞家の御徒町凧君とセットで(笑)

人柄も感性も音楽性も素晴らしーく、あーなりたいなと強く想う理想の人です。
自分の世界を貫いているっていうか、形にできていいる人、表現できている人、なかなかいないです。
人として不自然さを全然感じない。

涙って新曲、凄く存在感があって魂を奮い立たせてくれるような楽曲です。
凄く力強いです。10月21日発売、早く弾き語りたいです♪

直太朗の唄を聴いていたら、気楽になれます。心の底から呼吸ができるというか。
世間では、見栄をはったり強がったり不自然に力が入っている人が多いです。

言い訳したりとか、わからない言葉でもわかったようなふりする姿勢とか(流してるだけだと思うけど)、
こういう人たちを見ていたら本当に疲れるんですよね。

もっと楽になればいいのに。肩の荷を降ろせばいいのにって・・・。
女性に関しては、着飾るブランド物に対して、似合ってないというかブランド負けしているというか・・・。

妙にプライドとかに取り付かれて自分を高く見せているというか・・・。
ひゃーしんどい・・・。

直太朗の唄を聴けばいいのに。本当に素直な自分になれるから。
本当に大切な心、忘れかけていた心に気付かせてくれると思う。
直太朗の唄は、ラクになれる。

楽曲ごとに色々な情景が思い浮かべられるし考えさせられる。
何度ライブに足を運んでも本当に素晴らしいライブでした。素晴らしい空間でした。
御徒町凧君の演出も独特で面白いです。

あ、私、宇宙人(変人)って言われるけど・・・(何故?こんなにも普通なのに・・・)、いや違うと思った(笑)

現世で地球人に馴染もうとしてるんじゃなくて、誰よりも地球人に戻ろうとしているんだ。
こんなにも自然が好きなのに、自然と調和しようとしているのに・・・宇宙人って・・・?別にいいけど。

食文化の話をしてみますが、金儲けの為の不自然栽培、農薬散布、汚染飼料で育つ家畜、添加物汚染などなど、今、普通の人が普通じゃなくなってきている時代(みんな異変に気付いていない)。

道を外れた誤った常識が普通になってきている。凄く不自然。

正しい食事ができていない!保存料、防腐剤、香料、着色料等々、怖いね~。

みんなのカラダ、知らず知らずに汚染されているんだから。みんな凄く鈍感。

直太朗の唄は、人と自然と調和していて、本当の故郷へ帰ろうよって、唄ってる感じ。
みんな、昔ながらの地球人に戻らなきゃ・・・。今、みんな凄く不自然だよ。

私を良い意味でも悪い意味でもどこか変な人と思う人は、エネルギーの無い人たちだと思うわ。普通に浸かった生きた屍たち。還ろうよ、みんなで還ろう、グングルパーニャの国へ。

直太朗が、自然体の大切さを教えてくれます。いつもありがとう。

あ、ライブに関しての感想・レビューは、今回も書くまでもないです、最高!

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

後回しにしている買物はありませんか?

KAKITABI(書旅) 著者紹介

Webメディアは人やモノ、地域に光を当てられるという想いで、色んな場所から情報を発信しています。

妻、子、プードル2匹と里山暮らし。コペン乗り。


Instagram

書き手詳細
webmobile

バックナンバー

トップページへ戻る